妊娠線の予防で、大事なことは保湿とどこでも言われていることですよね?妊娠線専用のクリームを使って予防しましょうとか妊娠線予防のサイトやたまごクラブなどの雑誌でも言われていること。市販の安いボディクリームなどでは予防できないでしょうか?

市販のボディクリームと妊娠線予防クリームではかなり違いがある

orenzi 市販のボディクリームでも妊娠線予防できるが効果は薄い

市販のボディクリームで、一番有名といえば、ニベアの青缶ですね。ニベアの青缶のボディクリームで妊娠線を予防していたってママさん意外とたくさんいます。使っていて、できなかったって人もいれば、できたってママさんもいます。

市販のボディクリームでも、妊娠線を予防することはできます。ですが…そこまで予防効果は高くありませんので、過度な期待はしない方がいいです…妊娠線予防をすることはできるが、効果は薄いといったところです。

orenzi 市販のボディクリームと妊娠線専用のクリームと成分が違いすぎる

市販の安いボディクリームでも、妊娠線を予防することは可能ですが、妊娠線専用に作られて予防クリームとでは、成分がかなり違いが出てきます。妊娠線を予防するために、一番重要なのは、保湿です。保湿効果の高い成分が以下に配合されている方ポイントになります。市販のボディクリームの保湿力が100とすれば、妊娠線専用の予防クリームは500ぐらいの差が出てきます。

妊娠線専用の予防クリームですと、保湿成分以外の成分もたくさん配合されております。一番人気な妊娠線予防クリームのベルタマザークリームを例としてみていきましょう。

orenzi ベルタマザークリームに配合されている成分

hatomidori プラセンタ hatomidori コラーゲン hatomidori スーパーヒアルロン酸 hatomidori 葉酸 hatomidori シラノール誘導体

プラセンタやコラーゲンは美容成分の中でも高級成分ですので、市販のボディクリームに配合されているものは少ないです。特にベルタマザークリームで注目したい成分はシラノール誘導体という保湿です。

このシラノール誘導体という保湿成分ですが、海外で妊娠線に効果が高いといった保湿成分で、今妊娠線予防クリームに配合されているのは、ベルタマザクリームだけなんです。人気な理由の一つですね。

妊娠線をしっかり予防するなら専用の予防クリームで!

妊娠線は一度できてしまうと、消すことはほぼ不可能です。妊娠中にケアをすることが一番大事なのです。しっかり妊娠線を予防するなら、絶対に妊娠線専用の予防クリームを使うことです。

一か八か、低コストでなるべく抑えたい方は、市販のボディクリームで予防をするといいと思います。一番人気なベルタマザークリームですが、低コストのAFCストレッチマーククリームのようなコスパのよい妊娠線予防クリームもあります。

絶対に妊娠線を予防したいってママさんは、もう一度念押しに言っておきますが、妊娠線専用の予防クリームを使うように!

orenzi 人気な妊娠線専用の予防クリームランキングを見る