妊婦健診の助成っていったい何?また、助成っていつもらえるの?どうやって手続きしたらいいのなど疑問に思われる方も意外と多いではないでしょうか?妊婦健診の助成についてまとめてみました。

妊婦健診の助成について

koredesyo

kior 妊婦健診の助成ってそもそも何?

妊婦健診の助成ですが、妊婦健診を最高で14回分の費用を助成する制度です。助成っていったいどういったことなのかというと下記を参考にしよう。

[名](スル)研究や事業が発展し完成するよう援助すること。「産業開発を助成する」

簡単にいうと、妊婦健診最大14回分の費用を助けてくれる制度のことですね。費用や回数については自治体いよって、変わるので、どれくらいの助成を受けれる方調べておきましょう。

妊婦健診の助成(受診票)っていつもらえる?

妊婦健診の助成の受診票ですが、いつもらえるのでしょうか?いつもらえるのかというと、妊娠が産婦人科で確定した時にもらえます。妊娠が確定して、自治体に妊娠届を出すと、母子手帳と妊婦健診の助成の受診票がもらえます。妊婦健診の女性票は14枚あります。初回受診分は除きますが、次回妊婦健診時に使えます。

kior 妊婦健診助成券が使えない産院もあるので注意しよう!

妊婦健診助成券ですが、すべての地域、すべての産院で使えるわけではありません。事前に妊婦健診助成券が使えるかどうか調べておくことを忘れずにしましょう。よくトラブルが多いと言われているのが、里帰り出産です。

妊婦健診助成券使えるのは、住民票がある医療機関が原則なので、例えば、東京に住んでいて、違う地域では使えません。ただし、里帰りの産院で現金で立て替えておいて、後から清算して返ってきますので、領収書は必ずもらっておくように。

妊婦健診助成額は自治体によって全然違う

妊婦健診助成額ですが、自治体によって、全然違いがあります。例えば、少し調べてみると、神奈川県川崎市の場合8万9000円、愛知県名古屋市の場合10万4160円、佐賀県佐賀市だと全額助成など自治体によって様々。

いったいどれくらいの助成が受けれるか、事前に調べておいてくださいね。妊娠中は色々とお金がかかってしまいますので、やりくりは大事ですので…産婦人科で妊娠が確定したら役所に妊娠届を出しにいきましょう!