妊娠すると、虫歯になりやすいとか、歯周病は早産のリスクが高くなるとか、歯に関する気になることって意外とたくさんありますよね?そんな妊娠中の歯に関することをまとめてみました。

妊娠中の歯に関する気になること

kangosisan

orenzi 妊娠中って虫歯になりやすいって聞いたのですがホント?

ホント!!妊娠中は妊娠前と比べると、虫歯になりやすいです。妊娠中に虫歯になりやすい理由としては、女性ホルモンの関係で、口腔内の菌がいつも以上に増えやすくなっているのです。

菌が増えやすくなるだけではなく、妊娠初期には、つわりの症状があります。つわり中は、小まめに食事をすることが多くなります。つわり中の食事の基本は、食べれる時に食べるですので、それだけ、お口の中が汚れてしまっている状態になります。

食べたらすぐに歯磨きをするといいのですが、つわり中はそれどころではないですよね…?こういった理由から妊娠中は虫歯になりやすいので、できるだけでいいので、虫歯予防をするようにしましょう。

orenzi 歯周病は早産や低出生体重児のリスクが高くなるってホント?

ホント!!ですが、症状のきつい歯周病の時のみみたいです。歯周病の原因菌が、血液の中に入ってしまうと、子宮を収縮させる作用があって、早産のリスクが高くなるみたいです。また、歯周病の菌が羊水に入ってしまうことによって、赤ちゃんの成長に影響が出てしまう場合もあるみたいです。

orenzi 妊娠中に歯の治療などで麻酔をしても大丈夫?

妊娠中の歯の治療の麻酔ですが、大丈夫でしょうか?歯医者さんで扱われている麻酔ですが、薬の量は少ないと言われておりますので、赤ちゃんに影響が出る事はほとんどないみたいです。X線もお腹から離れているので、心配はないと言われておりまうが、妊娠中に歯の治療の際には、ちゃんと妊娠していることを医師に伝えるようにしましょう。

orenzi 妊娠中に親知らずは抜かない方がいい?

妊娠中は、痛みどめなどの薬の内服はできないため、親知らずは抜かない方がいいです。もし、親知らずが虫歯になり、痛みがあって、万が一抜く場合は、医師と相談するようにしましょう。

妊娠中も歯を大切に!

妊娠中に虫歯を悪化させないためにも、歯を大切にするようにしてください。つわり中は、仕方がありませんが、つわりが終わっているなら、歯磨きをして虫歯予防をすることができますね♪妊娠中の歯の治療は限られてきますので、なるべく、虫歯を作らないように歯を大切にしていきましょう。